The Cold Pressed Juicery

The Cold Pressed Juicery Prinsengracht Amsterdam. Interior design by Standard Studio architect and designer.

The Cold Pressed Juicery
2016 オランダ アムステルダム
設計:Standard Studio
via archidaily

キーワード

スタイル:ミニマル、モダン、ラスティック

色:ホワイト、ブラウン、グレー

素材:Virocフロア、コンクリート、sipoマホガニー、石、ファブリック

アイテム:&Tradition ソファ、スツール from Fabriek NL

 

キャッチーなところ

ブランドグラフィックのモチーフになっている 三角形 を使った幾何学的なデザイン。NYフラットアイアン・ビルディングを思わせるインパクトのある外観、敷地の形状、間仕切りデザインなどあらゆるところに反映されている。

見所は、コンパクトな空間に二種類の世界観を作って演出し、それを5.5mのマホガニーのカウンターでダイナミックに通貫させたこと。素材や色のコントラストのつけ方はもちろん、建築的に大きく空間を使うのがうまい。狭く奇形の箱であるにも関わらず、開放的な印象を与えるし、フォトジェニックで惹きつけられる。

ボトルデザインやグラフィック要素との相関性が高く、お客さんにしっかりブランドや商品を認識してもらえる作りになっている。

 

快適性

日常的な利用を促す動線計画で、エントラスからは最短距離でジュースの冷蔵庫へ辿り着く配慮がある。入口からすぐ目に入る配置と、冷蔵庫を斜めに傾けることで誘目性が高まる。ブランドアイデンティティの三角形を意識し平面図上でデザインに落とし込んでいる。

ステージの上にあるリビングスペースのような飲食スペースは、ゆっくり過ごしたい人の為のエリアであり、選ばれた家具の柔らかい印象が直線的な空間に温かみをプラスしている。窓際のカウンターの席との対比もあり、お客さんの利用ニーズにも配慮している。

 



コメントを残す

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る