Restaurant Battuto

Restaurant Battuto
2017 カナダ ケベック
設計:Appareil Architecture
via foodielovin

キーワード

スタイル:モダン、ミニマル、カジュアル

色:ホワイト、ブラック、グレー、ナチュラル、ゴールド、グラウン

素材:木、大理石、タイル、真鍮、レザー、スチール

アイテム:bentwood armchair

グラフィックcriteriumdesign

 

キャッチーなところ

シンプルで無駄のない空間づくり。建築デザイナーチームはmenphisに触発されたスタイルを得意としていて、本質的な図形表現で空間を構成する。清潔感のあふれる色使いをベースに、アクセントとしてミニマルなデザイン要素が盛り込まれていて、飾らない中にも拘りが感じられる雰囲気。素材はヨーロッパのビストロの典型的な組み合わせで、違和感なく受け入れられる構成になっている。

インテリアのスタイルとは別に、空間構成としてコミュニケーションに重点を置いたつくりになっている。主役はオープンのカウンターキッチンで、お客さんはシェフの動きを見ながら食事ができる。シェフ、お客さん、料理のコミュニケーションを促すようなレイアウトにしたのは正解で、狭い空間のデメリットをきちんとメリットに変える構成を選んでいる。お互い顔が見える環境づくりは、親近感が湧きやすいし、同じ空間時間を共有することでリピートにも繋がる。

開口が大きく設けられていて、動きの見えるオープンキッチンは外部への強いアピールにつながる。派手な内装表現はされていないけど、気づいてもらいやすく、ふらっと入りたくなる魅力がある。

 

快適性

狭い空間ながらも開口が大きく自然光をたっぷり取り込める店内は非常に居心地がよくて、開放感に溢れている。夕方から夜にかけては薄暗い落ち着いた雰囲気を作り出し、また別の魅力が引き出される。

地元の職人と組んで製作したペンダントライトやフックは、空間のアクセントとなり、モダンな印象と繊細さを与えている。控えめながらも地域の人の手が入ることで、この場所にこの内装をデザインするという意味が生まれるし、直接的ではないけども居心地の良い包容感を与えてくれる。

 



検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る