Pike & Pine Restaurant

Pike & Pine Restaurant
2017 イギリス ブライトン
設計:The Stella Collectiveの建築家 Hana Hakim(オーストラリア)
via archilovers

キーワード

スタイル:テーマ‘Botanical Punk’ 、トロピカルモダン

色:ベージュ、ブラックホワイト、グリーン、ゴールド

素材:古典的な組合わせ真鍮と大理石、リネン、木、ミラー、doll、Hey

 

キャッチーなところ

植物、ヤギの頭蓋骨のイラスト、サイン文字「The Beach Is Boring」

現代と古典を印象付ける素材、家具の選び分けがバランスがよく偏り過ぎない、やり過ぎない、丁度いい‘Botanical Punk’を体現している。古典ではお馴染みの大理石と真鍮の組み合わせにHeyのカウンタースツール、トイレはシンプルにモノトーンでモダンに寄せていたり。ぱっと見すぐ分かるのはトロピカル、深く考えていくと、縦長の導線と壁面のアーチフレームのミラーにbocciのウォールペンダントはうっすらゴシック教会をにおわせる気もする。外からみてキャッチーなエリアにはゴールドを多用し、ヤギの頭蓋骨を印刷したタイルが貼ってある、これも宗教的な狙いがあるのか。

とにかく全体の世界観の造り方や、見せ場の提供がうまく、記憶に残る魅力的なデザイン。

 

快適性

建物が持つ特徴、天窓からの自然光が尊重されている。天井の植物は適度に抑えられ、店内全域に光がまわるように配慮されていて、明るく清潔感のある雰囲気になっている。細長く変哲のない空間だけど、効果的にミラーや壁面照明が配置され、視線が奥まで抜ける工夫がされている。よって解放的に感じる。

 



コメントを残す

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る