Panta Rhei & Café Dias

Panta Rhei & Café Dias
2016 スロバキア ブラチスラヴァ
設計:at26
via archilovers

キーワード

スタイル:モダン、カジュアル、ファンクショナル

色:ブラック、ナチュラル、ホワイト、ブラウン、ブルー

素材:木、タイル、ファブリック、スチール、真鍮

本のサイズをモジュールにして、それを設計に応用すること。

 

キャッチーなところ

印象に残る見せ場は、本棚の一部が抜き取られたベンチ。ブックストアとカフェをきちんと仕切りながらも、空間的につながっている感覚がある。単純に視界が抜けていて気持ちいのと、少ない座席数で特別感がある。この店に行ったらここに座りたいと思わせる魅力がある。柱を木の幹のようにデザインして見せ場を作ったり、ここも魅力的な読書席の一つ。

天井に吊るされた本のページには、店舗のロゴが印刷され、ブランドアイデンティティへの配慮が感じられる。視覚的に陽気な印象を与える効果があるし、本屋という空間じたいを楽しめるデザイン。

 

快適性

本のサイズをモジュールにして家具を組み立てているので、機能的でムダがなく説得力が高い。カラーパレットは、本じたいミックスカラーで空間の情報量が多くなりがちなので、什器や家具はモノトーンでシンプル。固定の間仕切り兼本棚はダークトーン、対して可動性のある什器はホワイトにして、機能別に色を分けている。

可動性のある本棚を配置することで、イベントやパブリックリーディングなど、さまざまな利用ニーズに合わせてレイアウトを変更することができる。さらに本棚は背が低いので、空間全体を見渡すことできてナビゲーション的な方向からも説得力の高いデザイン。

巨大なペンダントライトは光だけの印象にする為に、天井の塗装と揃えて黒になっている。これによって圧迫感が軽減され、空間的に情報量も抑えられている。

 

 



コメントを残す

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る