Field & Social

Field & Social
2018 カナダ バンクーバー
設計:Janks Design Group
via designsourceguide

キーワード

スタイル:インダストリアル、ミニマル、カジュアル

色:ホワイト、ブラック、ブラウン、コッパー

素材:コンクリート、大理石、木、ダグラスファー(米マツ)、セラミック、真鍮、スチール

アイテム:TOLIXチェア

100年前の古い建物のリノベーション。最近で大規模な構造再開発が行われた経緯がある。

新鮮なサラダを中心としたレストランカフェ、座席数は30席。

1階のスペースは、新ビジネスが繁栄している重要な場所にあって。ターゲットとなる顧客グループは、オフィス居住者、教育学校、ショッピング地区。

 

キャッチーなところ

流行りのミックススタイルで、基本はモノトーン、ミニマルなスタイルにちょこっとインダストリ、それに木の温かみをプラスして親しみやすい雰囲気に仕上げている。

古い建物を一部露出させて、素材の無骨さと鉄骨の迫力をうまくデザイン演出の表現として取り込んでいる。提供するサラダの瑞々しさ、素材そのものの生感、洒落っ気を控えたテイストがうまく内装表現に反映されていてシンクロしている。

全体的にバランスが良くて強烈な見せ場はないけど、調理のライブ感が伝わるオープンカウンターは、お客さんとのフラットなコミュニケーションを助ける要素の一つになっている。

 

快適性

開口面が多く自然光がたっぷり入る室内に、さらに真っ白く塗装された空間は、清潔感があって長居したくなる心地よさがある。白く塗装した天井設備の露出は天井高をかせぎながら、工業的な雰囲気をだしている。L字のカウンターは大理石でエレガント、カウンターバックのセラミックタイルは斜めに張って優しく動線誘導している。間仕切りもなく一体感があるのでイベントにも対応できるつくり。

 

 



コメントを残す

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る