Fanaberia

Fanaberia
2016 ポーランド ソポト
設計:PB Studio
via design-milk

キーワード

スタイル:カジュアルモダン、ビーチリゾート

色:azureアジュール、ネイビー、ジンジャー、オフホワイト、

素材:麻ロープ、サイザル、タイル、オーク、レザー、籐、ミラー、スチール、ガラス

アイテム:THONETチェア

 

キャッチーなところ

ソポトが海辺のリゾート地である、という背景がよく見えるデザイン。その土地に馴染んだ色を使ってモダンに変換しつつ、親しみやすい雰囲気になっている。

基本的にはソポトの空、海、リゾート建築を想像させるカラーパレット。優しい色合いをベースにしながら適度なコントラストと、素材はサイザルロープや籐、白い木などが使われ、桟橋や航海などが思い起こされるデザイン。フロアタイルの柄はソポトの広場から、印象的なペンダントライトのジンジャーカラーは、ソポトの伝統的なリゾート建築の屋根からきている。

フレームインしたミラーや、ガラスのペンダントライトなど、視線が集まりやすい要素もきちんと盛り込まれていて、リラックスしたなかにも華やかさがある。

トイレの白鳥の壁紙はとっても爽やかだしほっこりするような空間。天井のミラーで、白鳥が空全体を飛び回っているイメージが伝わってくる。コンセプトに忠実でありながらも遊び心が感じられる。

分かりやすい大きな見せ場をつくるというよりも、控えめだけどコンセプトに忠実で、細部までこだわって考えられているのが伝わってくる。完成度が高い。

 

快適性

外部に面した開口はガラス張り、天井は露出で天高をかせぎ、調理スペースとの間仕切り上部はフロストガラスにすることで、外部から店内奥までつながりがうまれるようにデザインされている。狭い空間に一体感をつくり、開放感のある印象を作り出している。

風除室をつくることで外気の流入を緩和できるし、商業建築としての演出的な役割もあって有効に機能している。

イベントスペースとしての使用もあるのか、キッズスペースが設けられている。半プライベートな座席も用意されていて、さまざまなお客さんの種類に対応できる設計。

 

 



コメントを残す

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る