Copper

Copper
ベルギー アントワープ
設計:
via petitepassport

キーワード

スタイル:アットホーム、コジー、ボタニカル、サファリ、ソフトインダストリアル

色:ホワイト、ブラック、ブラウン、ブルー、ピンク、グリーン

素材:セラミック、タイル、大理石、スチール、木、ファブリック、レザー、真鍮

オーナーはAnnemiek Visser、ホスピタリティとセラミックへの情熱が深い。

 

キャッチーなところ

外観に関しては、真白な古典様式の建物の一階にエメラルドのタイルが大胆に貼られている。コントラストが強くて非常に目立つ。角地で条件がよく、多くの人の気をひくデザイン。

内装材や色の選択、特にインテリア雑貨や植物の果たす役割がとても大きいカフェで、物の目利きにセンスのある人がつくった空間。

具体的に何がそういう空気を作っているのかを考えてみると、
・アンティークで多少汚れや傷のある家具
・きっちりディスプレイされていない、なさりげなく配されている植物
・厚手の柔らかいカーテン
・多種多様なジャンルで、表紙の素敵な雑誌
・素材の生々しさが出ているアイテム全般
・建築的に立体的なデザインをしすぎない、ひねらないでストレートにつくる感じ
・あえてインパクトの強い見せ場をつくらない
・自然光がたっぷり入ってくる

窓辺のカウンター席の眺めが素晴らしい、人が座っていると外部へのアピールにもなる。テラス席のような、半分ディスプレイ要素も兼ねて置かれたベンチは、映画のような世界観をつくっている。

 

快適性

快適性でいうと、この店の一番の魅力は部屋感だと思う。日常の延長にあるようなセンスのよい空間で、定期的に通いたくなる。ついつい長時間過ごしたくなる心地よさが溢れている。

入口には玄関フード、風除け効果として、厚手のカラフルなカーテンが下げられている。キャッチーさと機能性が合わさったデザイン。

 

 



コメントを残す

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る