Campos

Campos
2015 オーストラリア ダルウィッチ・ヒル
設計:Luchetti Krelle
via archilovers

キーワード

スタイル:ミニマル、ナチュラル、北欧、インダストリアル

色:ナチュラル、ブラック、グレー、ホワイト、グリーン、イエローグリーン、ブラウン

素材:木、タイル、鉄筋、ファブリック、ミラー

アイテム:DIDIER FABLE CHAIR

 

キャッチーなところ

流行りのモダンスタイルでベースはモノトーン、そこにアクセントとしてcampos coffeeのイメージカラーであるモスグリーンを合わせ、ブランドの世界観をつくっている。

特に目を引くのはお店の顔になるL字カウンターで、塗装した幾何学の木材が印象的なパターンをつくっている。品よく目立っているというか、ブランドイメージを抽象化してデザインに落とし込むのがうまい。

鉄筋でつくられたディスプレイ棚は、空間の奥まで延長されていて、フレーミングすることで空間全体に統一感が生まれる。目隠しになる間仕切りは一切設けず、細長い空間をダイナミックに演出している。

わりと仕上げの整った家具や内装材を使っているので、全体的には品よく落ち着いた雰囲気。床には木目や節のある材を選ぶことで、堅苦しくないカジュアルな要素もプラスしている。

 

快適性

入店するとスロープに迎えられ外部とシームレスにつながる。街路に面したガラス窓はオープンにできて、オーニングの下はテラス席として解放される。カウンターの中央あたりで床材が別れてるけど、そこまで半屋外のような雰囲気で楽しめる。

座席のバリエーションが多いので、いろんなタイプのお客さんに対応できるつくり。

 

 



コメントを残す

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る