beta bar

beta bar
2017 オーストラリア シドニー
設計:DS17
via LANE

キーワード

スタイル:ビクトリア時代の建築、ギリシャ、現代的、ラスティック

色:ブラウン、グリーン、ブラック、ゴールド

素材:レンガ、fretworkのドア、大理石、真鍮、ファブリック

アイテム:IC Lights Suspension、Lee Broom Fulcrum Light、キャンドルホルダー、Artemide Egg pendant lamp

 

キャッチーなところ

歴史のある建築物の汚れを丁度いいバランスで露出させて味にし、そこにモダンなアイテムぶつけている。折衷の妙に惹きつけられるし、良い違和感が記憶に引っかかる。

視線を誘導する色の配置にも工夫が見られる。レンガが露出した開口が奥まで続き、さらに光に反応することが合わさって人の注意が空間の奥まで誘導される。高さの低い家具を配置することで視線の邪魔をしない。映像的なつくりだし写真映えもする。

 

快適性

歴史性の強い建築物に対して、自然界にあるくすんだアースカラーが多く使われ、どっしり重みのある空間になっている。ヨーロッパの建物特有の暗さもいい。元々の建物の価値も素晴らしいけど、それを完全に活かし切った造りに心が動かされる。

 



コメントを残す

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る