Bar Eduard’s

Eduard’s
2017 ドイツ シュトゥットガルト
設計:DIA – Dittel Architekten
via archilovers

キーワード

スタイル:都会的、洗練、インダストリアル、ミニマル

色:グレー、ペトログリーン、ブラウン、コッパー、ブラック

素材:コンクリート、木、銅板、スチール、コッパー、レザー、ファブリック、ガラス、タイル

 

キャッチーなところ

外部に対してオープン。気兼ねなく入店できるし、室内が全て見えることで安心感がある。広場の延長のような、自然に外と繋がれるつくり。

バーカウンターは誘目性の高い金属を多く使い、うまく空間の用途をアピールしている。ペンダントライトは天井全域に設置することで外部からの視線を集め、天井設備のごちゃごちゃはコッパー色の金属フレームを使ってうまく隠している。店舗ロゴとの一貫性もあって説得力が高い。

金属を多めに使いながらも、落ち着いた色の塗装壁や家具のファブリックなどでバランスを取り、素材の対比が際立つスタイリッシュな空間になっている。

 

快適性

奇形な空間だけど圧迫感を感じさせない。ほぼ全面ガラス張りで周囲の景色を取り込んでるし、ガラス窓の近くには背の低いソファやテーブルを置いていて視界が開けるように配慮している。

奥のスペースは、広場の段差にそのまま座ってるかのようなラフなつくり。多少だらしなくリラックスして飲める雰囲気がある。

 



コメントを残す

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る